カテゴリ:土曜の麦飲み( 89 )

今晩はお得!!

1月26日(土)17時~

当店では定番となったベルギービール「ヒューガルデンホワイト樽生」。新たなビールファンを生む必須アイテムとなっております。「ビールなんて寒くって・・・」いえいえ、寒い冬だからこそ、皆で集まってワイワイやりながらのビールが楽しいんですってぇ!

a0168108_1843095.jpg


当日は1杯700円のところ特別謝恩価格 500円にてご提供いたします。

・お料理もヒューガルデンに合わせたメニューをご用意いたしますよ。

ということで今夜の生ビールのラインナップはこれ↓

①【ベルギー】ヒューガルデンホワイト 700円→500円

②【新潟・阿賀野市】 スワンレイク B-IPA  700円
*ベルギーの酵母を使用したホワイトビールですが、大量に入れたホップが効いて無国籍なビールに変身。
  B-IPAのBはベルジャンのB、IPAはインディアペールエールの略です。

③ 【秋田・秋田市】 あくら キィウィIPA 700円 
*ニュージランド産のホップを使っているから「キィウィ」、柑橘系に似た爽快な薫りと苦味はクセになります。

④【大阪・箕面市】箕面ビール WIPA 800円
*華やかな薫りと甘い飲み口に騙されるとえらいことなりまっせ!ハイアルコールで苦味も強い!
 日本のIPA人気の先駆者的ビールです。

⑤サッポロ生 480円

お誘い合わせの上、是非遊びにおいでくださいm(_ _)m

[PR]
by akita-togakushi | 2013-01-26 08:59 | 土曜の麦飲み | Comments(0)

土曜の麦飲み 第100週

今週末10月13日で「土曜の麦飲み」もいよいよ100回を迎えます。

記念?すべき、第一回目の土麦は2010年7月17日に開催されました。
http://akitatg.exblog.jp/10974483/
当時、戸隠の営業日の中で最も弱かったのが土曜日。この、どうしようもなくお客さんが来ない曜日を好きに使っちゃえという、いわば開き直りから始まった企画でした。
自分が一番自信あるもの、それがビールだっただけでした。
今では、金曜日に匹敵するくらいのご来店をいただける曜日になり、お座敷で色とりどりのビールを楽しむ光景も珍しいものでは無くなりました。続けて来て良かったと心から思っています。

この2年の間に、秋田にはビアフェスが生まれました。
http://akitatg.exblog.jp/10930130/
2010年9月5日、大町の駐車場で生まれた小さな小さな手作り感たっぷりのクラフトビアフェスティバルIN秋田は、昨年から会場を駅前に移し規模を拡大。今年迎えた三回目には3500名もの皆様ご来場いただくという規模にまで成長しました。

また、昨年まで、あくらさんの中庭をお借りして50名様規模で細々と楽しんできた戸隠主催の「秋田オクトーバーフェスト」。http://akitatg.exblog.jp/11145951/
こちらも今年からは、実行委員会が立ち上げられ、日独協会公認、市・県からも後援いただく新しいビールのお祭り「秋田オクトーバーフェスト2012」として10月20日(土)、21(日)エリアなかいちで開催されることになりました。http://akitatg.exblog.jp/16437362/

首都圏を中心に、いまやブームと言っても過言では無いクラフトビールシーン、その熱は首都圏への通勤圏(ベッドタウン)に広がりを見せています。地方では多くのビアフェスが開催され、オクトーバーフェストも各地をツアーして廻るほどになりました。

ここ秋田ではどうでしょうか?
少し前に比べれば、クラフトビールというものを見聞きし、口にする機会は増えていると思います。
しかし日常的にクラフトビールを飲むにはどこへ行けばいいのでしょうか?
秋田には、世界に通じるクオリティーのビールを造れる醸造所が3つあります。
それらのビールを樽生で飲もうとすれば、あくらさんは市内大町の直営店、田沢湖ビールさんは秋田駅中トピコの海鮮市場、仙北市・わらび座敷地内のレストラン、湖畔の杜ビールさんはまさしく田沢湖湖畔の直営レストラン・オラエに出向くしかありません。直営店には直営店の良さがあります。醸造所で造った出来立てビールをその場で味わうことが出来ます。素晴らしい贅沢です。
しかし、日本のみならず、海外にも星の数ほどあるビール醸造所のビールをチョイスして飲み比べたり、その時その時の季節にあったビールを飲み比べが出来るというような楽しみ方はできません。「あくらも美味しいけど、大阪の〇〇のも美味いなぁ」とか「田沢湖のピルスナーはドイツの〇〇ピルスナーより凄いね」なんて会話で楽しめるお店が秋田にも増え、直営店とクラフトビール取り扱い店のハシゴなんてことも可能になればいいなと思っています。
昨年くらいから、大館のRESTAURANT JAPONAIS WASABI さんや、湯沢のワールドビア・ロッソコルサさんで、あくらさんの樽生が飲めるようになったことは嬉しいことです。
(これには秋田各地に散らばるクラフトビアファンの方の熱心な売り込み努力も大きかったと聞いています)

というわけで、戸隠はクラフトビールファン層拡大に向けてさらに力を入れていきます。
秋田でこれからクラフトビールを取り扱おうと考える飲食店、販売店のお手本になるように。
(今はどこも扱ってないので、戸隠でしか飲めず、比較対象がありませんが・・・)
【もし、たまたまこのブログを目にされた秋田県内の飲食店関係の方。ご興味あればご連絡ください。微力ですがお力になれれば幸いです。】

話はだいぶ逸れましたが、そんなこんなでやっとこさ迎える土麦100週。
ご紹介するビールは豪華絢爛???? ↓
先週のアキタ・バール街でご紹介したら大好評でした、山梨県・河口湖町 富士櫻高原ビールさんのヴァイツェンを再度ご紹介。
ヴァイツェン酵母特有のバナナ香とやや酸味の強い味わいは本場ドイツのヴァイツェンを凌ぐ実力です。
a0168108_19131957.jpg


さらにアメリカ・ハワイ州 マウイブルーイングのBig Swell IPAを樽生でご紹介できる予定です。
(到着予定がズレ込んだ場合は、新潟・スワンレイクさんのIPAをご用意いたします)
アマリロドライホッピングによるトロピカルフルーツのような華やかさが特徴。
a0168108_19144493.jpg


さらにアメリカとベルギーがコラボしたアレとかコレとか?未着の場合フォロー出来ないので発表は入荷次第とさせていただきます。


今週の土曜日10月13日の100回を持って「土曜の麦飲み」「土麦」は終了とさせていただきます。
長い間有難うございました。

そして新たなスタートにご期待ください。
[PR]
by akita-togakushi | 2012-10-11 11:32 | 土曜の麦飲み | Comments(0)

土曜の麦飲み 第100週

今週末10月13日で「土曜の麦飲み」もいよいよ100回を迎えます。

記念?すべき、第一回目の土麦は2010年7月17日に開催されました。
http://akitatg.exblog.jp/10974483/
当時、戸隠の営業日の中で最も弱かったのが土曜日。この、どうしようもなくお客さんが来ない曜日を、開き直って好きに使っちゃえという、いわば開き直りから始まった企画でした。
自分が一番自信あるもの、それがビールだっただけでした。
今では、金曜日に匹敵するくらいのご来店をいただける曜日になり、お座敷で色とりどりのビールを楽しむ光景も珍しいものでは無くなりました。続けて来て良かったと心から思っています。

この2年の間に、秋田にはビアフェスが生まれました。
http://akitatg.exblog.jp/10930130/
2010年9月5日、大町の駐車場で生まれた小さな小さな手作り感たっぷりのクラフトビアフェスティバルIN秋田は、昨年から会場を駅前に移し規模を拡大。今年迎えた三回目には3500名もの皆様ご来場いただくという規模にまで成長しました。

また、昨年まで、あくらさんの中庭をお借りして50名様規模で細々と楽しんできた戸隠主催の「秋田オクトーバーフェスト」。http://akitatg.exblog.jp/11145951/
こちらも今年からは、実行委員会が立ち上げられ、日独協会公認、市・県からも後援いただく新しいビールのお祭り「秋田オクトーバーフェスト2012」として10月20日(土)、21(日)エリアなかいちで開催されることになりました。http://akitatg.exblog.jp/16437362/

首都圏を中心に、いまやブームと言っても過言では無いクラフトビールシーン、その熱は首都圏への通勤圏(ベッドタウン)に広がりを見せています。地方では多くのビアフェスが開催され、オクトーバーフェストも各地をツアーして廻るほどになりました。

ここ秋田ではどうでしょうか?
少し前に比べれば、クラフトビールというものを見聞きし、口にする機会は増えていると思います。
しかし日常的にクラフトビールを飲むにはどこへ行けばいいのでしょうか?ほとんどありません。

秋田には、世界に通じるクオリティーのビールを造れる醸造所が3つもあります。
それらのビールを樽生で飲もうとすれば、あくらさんは大町の直営店、田沢湖ビールさんは秋田駅中トピコの海鮮市場、仙北市・わらび座敷地内のレストラン、湖畔の杜ビールさんはまさしく田沢湖湖畔の直営レストラン・オラエでしか飲めない現実。
しかも醸造所直営ですから、他の醸造所のビールは飲めません。
直営店ですからそれが当然なのですが、私は「あくらも美味しいけど、大阪の〇〇のも美味いなぁ」とか「田沢湖のピルスナーはドイツの〇〇ピルスナーより凄いね」なんて会話で、ビールは勿論、料理も楽しめたらいいのにと考えます。
私自身がクラフトビール愛飲家です。
ですから、秋田市内・県内で、もっとクラフトビールを取り扱いしてくれる店が増えるのを望んでいます。

昨年くらいから、大館のRESTAURANT JAPONAIS WASABI さんや、湯沢のワールドビア・ロッソコルサさんで、あくらさんの樽生が飲めるようになったは嬉しいことです。
(これには秋田各地に散らばるクラフトビアファンの方の熱心な売り込み努力も大きかったと聞いています)

【もし、たまたまこのブログを目にされた秋田県内の飲食店関係の方。ご興味あればご連絡ください。微力ですがお力になれれば幸いです。】

話はだいぶ逸れましたが、そんなこんなでやっとこさ迎える土麦100週。
ご紹介するビールは豪華絢爛???? ↓
先週のアキタ・バール街でご紹介したら大好評でした、山梨県・河口湖町 富士櫻高原ビールさんのヴァイツェンを再度ご紹介。
ヴァイツェン酵母特有のバナナ香とやや酸味の強い味わいは本場ドイツのヴァイツェンを凌ぐ実力です。
a0168108_19131957.jpg


さらにアメリカ・ハワイ州 マウイブルーイングのBig Swell IPAを樽生でご紹介できる予定です。
(到着予定がズレ込んだ場合は、新潟・スワンレイクさんのIPAをご用意いたします)
アマリロドライホッピングによるトロピカルフルーツのような華やかさが特徴。
a0168108_19144493.jpg


さらにアメリカとベルギーがコラボしたアレとかコレとか?未着の場合フォロー出来ないので発表は入荷次第とさせていただきます。

というわけで戸隠はクラフトビールをこれからも応援していきます。
秋田でクラフトビール飲むなら絶対戸隠と呼ばれるように頑張ります。
(今はどこも扱ってないので、戸隠でしか飲めないですが・・・)

土麦は100週で一旦終了いたします。 長い間有難うございました。
[PR]
by akita-togakushi | 2012-10-09 20:12 | 土曜の麦飲み | Comments(0)

土曜の麦飲み 第96週

恒例?の秋田ビアフェスを来週に控えた9月1日の土麦は、福島路ビールさん(福島県福島市)のヴァイツェンが登場します!震災に加え原発の影響も受けながらも頑張る骨太ブルワリーさんです↓(骨太でしょ?)
a0168108_18253327.jpg


吉田店長がんばっぺ
http://fukushima-fight.sblo.jp/article/53282609.html

ドイツ・バイエルン地方の小麦モルト(麦芽)を使った上面発酵のビールです。酵母をろ過していないため白くにごっており白ビールとも呼ばれています。フルーティーな香りをお楽しみください。

昨年の秋田ビアフェスではピーチエールで話題を独り占めでしたが、今年もこの笑顔で美味しいビールを届けてくれますよ。その前に予行練習を是非、戸隠でそうぞ。
[PR]
by akita-togakushi | 2012-08-30 18:29 | 土曜の麦飲み | Comments(0)

土曜の麦飲み 第93週

8月4日(土) 土麦は93週目! 
今週も、9月8日(土)、9日(日)に迫ったCraftBeerFestival IN 秋田(通称:秋田ビアフェス)にやってくるビールを予習して行きましょう。

今週は茨城県牛久市 シャトーカミヤさんから3種類もやって来ます!

a0168108_1316535.jpg


1.サマー IPL
 アメリカンホップの柑橘系の薫りと強い苦味が口一杯に広がるラガーです。
 暑い夏にゴクゴク飲みやすいよう、ボディを抑えてアルコール5%に仕上げています。
 酵母由来の香りが穏やかなのでホップの薫り、苦味が引き立っています。

2.ゴールデンエール
 清涼感のある黄金色のビール。柑橘類のような花のような薫りとしっかりとした苦味でハーブを口にした ような爽やかさです。

3.ウィートエール
 小麦麦芽をたっぷり使用したアメリカンスタイルのビール。
 ホップ由来の柑橘系フルーツの薫りがお楽しみいただけます。

以上、3種類に戸隠は占拠され、さながらシャトーカミヤさんにいるような錯覚も!!
是非、竿灯帰りにお立ち寄りくださいませ。
[PR]
by akita-togakushi | 2012-07-30 13:38 | 土曜の麦飲み | Comments(0)

土曜の麦飲み 第92週

7月28日(土) 土麦は92週目! 
今週からは、9月8日(土)、9日(日)に迫ったCraftBeerFestival IN 秋田(通称:秋田ビアフェス)にやってくるビールを予習して行きましょう。

スタートを飾ってもらうのは、昨年の秋田ビアフェスにもご出店いただいた、埼玉県川越市・COEDOブルワリーさんの代表銘柄「白(ヴァイツェン)」が樽生で登場です。
a0168108_11411233.png


(商品詳細)
http://www.coedobrewery.com/swf/index.html

真夏にぴったりのヴァイツェン、キtリリと冷やしてお待ちいたしております。

最後の20Lとなった、あくらさんの11ペールエールと合わせてお楽しみください。
[PR]
by akita-togakushi | 2012-07-25 11:41 | 土曜の麦飲み | Comments(0)

土曜の麦飲み 第91週

7月21日の土麦は久しぶりの志賀高原ビールさんが登場いたします。
志賀高原さんといえば、アメリカンスタイルのペールエール、IPAが売りですが、今回登場するのはAfPAです。
はて? 

Africa Pale Aleの略だそうです。アフリカ? 以下は志賀高原ビールさんwebより抜粋

AfPA (Africa Pale Ale) といっても、アフリカの素材とかをつかっているわけではありません。
"インドを目指す航海の途中、アフリカのどこかの海で力尽きちゃうかもしれない感じ!? 爽快で、やんちゃなIPAの弟分です。"ってのがコンセプト。

ご存知のように、IPA (India Pale Ale) は、その昔、いまのような冷蔵設備のない時代に、イギリスから植民地のインドにビールを運ぶため、もちがよくなるようにと、アルコール度数を高めにして、抗菌効果のあるホップをふんだんにつかったというもの。

そのIPAは、もちろんぼくらの大好きなスタイルであり、看板商品でもあるのですが、欧米人と食も酒の強さも違う日本人には、もっと度数が低くたくさん飲めるIPAもいいんじゃないかと思ってつくったのが、この AfPAというわけです。

アルコール度数は5.0%、IBUは50の設定。
低めの度数で、ブロンド色のクリーンな味わいですが、例によってホップはたっぷり。

案外、インドに相当近いところまでもちこたえるのではって感じです!?
ハイアルコールのごついIPAにも良さはありますが、低アルコールのホッピーなビールっていうのもいいのでは?
アフリカなんて名前ですが、以外に日本人に合った IPA って、こんなんじゃないかと個人的には思っています。

IPA、House IPA、Indian Summer Saison、India "Black" Ale につづく第五のIPA。
ぜひ、お試し下さい! (以上)


まぁ、結局は夏にぴったりの爽快ペールエールということでしょうね。
これは楽しみなビールがやってきます。是非ご来店ください。

さらにおまけでIPAもやってきます!今週は志賀高原ビールさんに乗っ取られちゃいますよ★

a0168108_11293791.jpg

[PR]
by akita-togakushi | 2012-07-19 11:29 | 土曜の麦飲み | Comments(0)
7月14日(土)は、ビール嫌いの女性にもお薦めできるフルーツビールが登場します。
醸造元は三重県伊勢市・伊勢角屋麦酒さん、私の贔屓のブルワリーです。
ご紹介するのは3種類。 フルフルジューシーをお楽しみくださいませ。

1.柚子の香エール
宮川村の無農薬栽培の柚子の皮を使用し、一度ビールをつくった後に柚子の皮を漬けという大変な手間をかけて作り出しました。
a0168108_1544272.jpg


2.でこぽんアンバー
アメリカンスタイルのアンバーエールに、でこぽんの皮のみを使用し漬込んだビールで、柑橘系ホップとでこぽんにより柑橘感を強調して、しっかりした麦芽のコクとボディーがバランス良く仕上げています。
a0168108_1594691.jpg


3.ネルソンルビー
「サッパリとしたワインのような味わい。」小麦ビールをベースにし、ぶどう果汁を贅沢に使った(ルビー色の発泡酒)。ぶどうの香りとわずかなホップの苦みがあり、バランス取りに使用したフルーツピューレ(ブラックベリー・いちご・ブルーベリー・カシス)がもたらす少しの酸味が相まって、まるで辛口のワインのような味わいに仕上がっております。
a0168108_15115479.jpg


ビールはすべて樽生で、在庫数は10リットルです。
夏にぴったりなフルーツビール3種。すべてお楽しみいただけたらと思います。

3連休の初日ということで大変混雑が予想されます。
お早目のご予約をお奨めいたします。
018-863-8699 17:00~ 三浦まで宜しくお願いいたします。
[PR]
by akita-togakushi | 2012-07-13 11:37 | 土曜の麦飲み | Comments(0)
7月7日(土)は私の贔屓 伊勢角屋麦酒さんの中でもホップ際立つ3種類のビールをご紹介。

1.ペールエール
a0168108_15253235.jpg

カスケードホップのさわやかな柑橘系の香りを最大限に引き出したアメリカンタイプのペールエールです。その実力は世界で認められ、オーストラリア国際大会では、部門金賞と金賞の中のベストオブクラスウィナーズにも選ばれたほどです。

2.ペールエールプラス
上記ペールエールと同じレシピで、特殊な水を使ってより一層クリアでシャープな飲み口に仕上げたビール。

3.ストロングペールエール
ペールエールをベースにアルコールを6%台まで上げ、尖りがちな柑橘系の香りに、アマリロのアロマを加えることで円やかな薫りに仕上がっています。

アメリカンペールエールをイメージした三種類の味わいの違いをお楽しみください。
[PR]
by akita-togakushi | 2012-07-04 09:07 | 土曜の麦飲み | Comments(0)

土曜の麦飲み 第88週

6月最後の土麦は、スコットランドから刺激的なビールを発信し続けるブリュードッグ醸造所の看板商品が樽生(20リットル限定)で登場いたします。
a0168108_1135524.gif


パンクIPA 
スコットランド産モルトとニュージーランド産ホップを使用したフルーティでホッピーな IPA(インディアン ペール エール)です。モルト由来のトフィー様の甘さがグレープフルーツ、キウイ、パッションフルーツに変化し、ドライなフィニッシュにつながります。
大手スーパーマーケット TESCOのドリンクアワードを受賞し、英国400店舗で販売されています。

秋田に樽生でやってくるのは初めてだと思います!!
是非ご体験を!!!!
[PR]
by akita-togakushi | 2012-06-25 11:37 | 土曜の麦飲み | Comments(0)

秋田市山王にある老舗蕎麦居酒屋。八幡平ポークを使用した創作料理、全国津々浦々から取り寄せた地ビール、地酒がたっぷりお楽しみいただけます


by akita-togakushi